月別アーカイブ: 4月 2014

4月30日の東京株式市場デイリーコメント

4月28日の東京株式市場は、外部環境の悪化から寄付きから売り優勢の展開となり日経平均株価は反落いたしました。 日経平均 14,288.23円(-141.03円) 日経平均先物 14,310円(-150円) TOPIX 1,160.74(-9.25) 東証1部・2部市場 業種別ランキング(東証1部) 1水産・農林業(東証1) 2石油・石炭製品(東証1) 3鉱業(東証1) 4ゴム製品(東証1) 5食料品(東証1) 6情報・通信業(東証1) 7サービス業(東証1) 8小売業(東証1) 9非鉄金属(東証1) 10不動産業(東証1) 目立った銘柄では、コタ(4923)、小糸製作所(7276)、ユアテック(1934)、富士通ゼネラル(6755)、神鋼商事(8075)、ネットワンシステムズ(7518)、星光PMC(4963)、エス・エム・エス(2175)、オークマ(6103)、チムニー(3178)なども買われ目立った上昇となりました。 新興市場 JASDAQ平均、マザーズ指数がそろって下落しました。 いちごグループ(2337)、フクダ電子(6960)、ニューフレア(6256)、USEN(4842)、デジタルガレージ(4819)、マイクロニクス(6871)、日本通信(9424)、ジーテクト(5970)、タカラバイオ(4974)、ミクシィ(2121)、ペプチドリーム(4587)、ユーグレナ(2931)、CYBERDYNE(7779)、エナリス(6079)、アドウェイズ(2489)などがそろって下落しました。 目立った銘柄では、日本オフィス・システム(3790)、図研エルミック(4770)、エイアンドティー(6722)、オービス(7827)などがストップ高となりました。 まずはNY株式市場から NYダウ:16535.37(+86.63) ナスダック指数:4103.54(+29.14) シカゴ日経先物:14445円(+135円) 為替(ドル/円):102.61円 (日経平均)騰落レシオ:98.42 (コメント) 29日のNY株式相場は上昇。 経済指標の悪化を受けて上げ幅を縮小する場面もありましたが、好調な企業決算やモメンタム銘柄の上昇を背景に買い優勢の展開となっております。 円建てのCME225先物は昨日の大証日中終値と比べて135円高の14445円で帰ってきております。 本日に東京株式市場は買い優勢の展開となりそうです。 米株高を受けてADRは軒並み強含んでおり、特に三井住友やアドバンテストの上昇しております。 CME225先物(円建て)の清算値(14445円)にサヤ寄せする形で、日経平均は14400円台回復することが予想されます。その後は、日銀の金融政策決定会合の結果をにらみながら14時には3月住宅着工件数の発表も、ありもみ合いで推移しそう。 企業決算では、11時のユニチャーム(8113)、商船三井(9104)、川崎船(9107)、12時の日本郵船(9101)、14時の牧野フライス(6135)などがあります。 日経平均株価の予想レンジは14350円-14500円。 個別では、(会員の方は)個別のトレードに「今週の注目銘柄」「FIT劇場」「なんかある?」などを参考にいただきたいと思います。 … 続きを読む

カテゴリー: デイリーコメント | コメントをどうぞ

4月24日の東京株式市場デイリーコメント

4月23日の東京株式市場は、米NY株式市場高の後押しもあり日経平均株価は反発いたしました。 日経平均 14,546.27円(+157.50円) 日経平均先物 14,550円(+200円) TOPIX 1,173.81(+11.31) 東証1部・2部市場 業種別ランキング(東証1部) 1その他金融業(東証1)2ゴム製品(東証1) 3非鉄金属(東証1) 4空運業(東証1) 5情報・通信業(東証1) 6サービス業(東証1) 7不動産業(東証1) 8倉庫・運輸関連(東証1) 9石油・石炭製品(東証1) 10精密機器(東証1) 目立った銘柄では、日本電産コパル電子(6883)、アコム(8572)、明和産業(8103)、岩崎電気(6924)、ゼンリン(9474)、タクマ(6013)、ヒマラヤ(7514)、アイフル(8515)、ディップ(2379)、サムコ(6387)なども買われ目立った上昇となりました。 新興市場 JASDAQ平均、マザーズ指数がそろって反発いたしました。 いちごグループ(2337)、セリア(2782)、USEN(4842)、デジタルガレージ(4819)、3DM(7777)、VTHD(7593)、マイクロニクス(6871)、J・TEC(7774)、ミクシィ(2121)、ペプチドリーム(4587)、CYBERDYNE(7779)、アルデプロ(8925)、ナノキャリア(4571)などがそろって上昇しました。 目立った銘柄では、サイオステクノロジー(3744)、イメージ情報開発(3803)、図研エルミック(4770)、ネクストウェア(4814)、新報国製鉄(5542)、エスクロー・エージェント・ジャパン(6093)、ぷらっとホーム(6836)などがストップ高。 まずはNY株式市場から NYダウ:16501.65(-12.72) ナスダック指数:4126.97(-34.49) シカゴ日経先物:14500円(-50円) 為替(ドル/円):102.47円 (日経平均)騰落レシオ:96.70 (コメント) 23日のNY株式相場は反落。 弱い住宅関連指標やハイテク株安が重荷となったが、好調な企業決算を背景に押し買い意欲も強く下げ幅は限定的でした。 円建てのCME225先物は昨日の大証日中終値と比べて50円安の14500円で帰ってきております。 本日に東京株式市場はもみ合う展開となりそうです。 昨日の東証1部の騰落銘柄数は、値上がり1301/値下がり361と大幅に値上がり優勢。 アイフルやアコムといったノンバンク株にも買い戻しが入っておりますが、トヨタは三菱UFJの格下げが重しとなったほか、国際石油開発や信越化学も軟調。売買代金は1兆5436億円と8営業日連続で2兆円割れと薄商いとなっております。 昨日は再上場した西武ホールディングス が公開価格を上回って推移し、資金が回転しており、投資家の心理的も好転が予想されます。 日経平均は14,510円に位置している25日移動平均線、更に14,476円に位置する5日移動平均線を上回っております。 日々強弱感が対立し予想しにくい動きとなっております。 … 続きを読む

カテゴリー: デイリーコメント | コメントをどうぞ

4月21日の東京株式市場デイリーコメント

4月18日の東京株式市場は、方向感のない動きとなるものと予想しておりましたが、堅調に推移し日経平均株価は反発いたしました。 日経平均 14,516.27円(+98.74円) 日経平均先物 14,520円(+140円) TOPIX 1,173.37(+6.78) 東証1部・2部市場 業種別ランキング(東証1部) 1金属製品(東証1) 2その他金融業(東証1) 3ゴム製品(東証1) 4鉱業(東証1) 5サービス業(東証1) 6保険業(東証1)7電気機器(東証1) 8建設業(東証1) 9空運業(東証1) 10不動産業(東証1) 目立った銘柄では、山一電機(6941)、インターネットイニシアティブ(3774)、ディップ(2379)、SMK(6798)、アウトソーシング(2427)、サンフロンティア不動産(8934)、サニックス(4651)、ランド(8918)、エイチーム(3662)、クックパッド(2193)なども買われ目立った上昇となりました。 新興市場 JASDAQ平均、マザーズ指数がそろって上昇しました。 ナカニシ(7716)、ニューフレア(6256)、マイクロニクス(6871)、日本通信(9424)、コロプラ(3668)、サイバー(4751)、タカラバイオ(4974)、ユーグレナ(2931)、アドウェイズ(2489)などは上昇しましたが、ガンホー(3765)、いちごグループ(2337)、フクダ電子(6960)、USEN(4842)、VTHD(7593)、CYBERDYNE(7779)、アルデプロ(8925)などは下落しました。 目立った銘柄では、イメージ情報開発(3803)、アイサンテクノロジー(4667)、インスペック(6656)、日本通信(9424)などがストップ高。 まずはNY株式市場から NYダウ:休場 ナスダック指数:休場 シカゴ日経先物:14515円(+20円) 為替(ドル/円):102.50円 (日経平均)騰落レシオ:91.79 (コメント) 18日のNY株式相場はグッドフライデーによる祝日で休場。 円建てのCME225先物は昨日の大証日中終値と比べて20円高の14515円で帰ってきております。 本日に東京株式市場は小動きとなりそうです。 欧米市場がグッドフライデーによる祝日で休場だったことから、手掛かり材料に乏し展開が予想されます。 寄り付き前に発表される3月貿易統計の内容次第では為替市場に動きが出る可能性が考えられますが、前日終値(日経平均14516円)付近から大きく振れることはなさそう。 日経平均は節目の14500円や25日線(14493円)がサポートラインとなるか注目となります。 日経平均株価の予想レンジは14400円-14550円。 個別では、(会員の方は)個別のトレードに「今週の注目銘柄」「FIT劇場」「なんかある?」などを参考にいただきたいと思います。 ※ご注意・ご確認※ 当メールは投資に関する情報提供を目的としたものであり、投資に関する判断は自己責任でお願い致します。

カテゴリー: デイリーコメント | コメントをどうぞ

4月17日の東京株式市場デイリーコメント

4月16日の東京株式市場は、先物主導で買い進められ売り方の買い戻しも後押しとなり日経平均株価は大幅続伸いたしました。 日経平均 14,417.68円(+420.87円) 日経平均先物 14,420円(+390円) TOPIX 1,166.55(+30.46) 東証1部・2部市場 業種別ランキング(東証1部) 1その他金融業(東証1) 2鉱業(東証1) 3パルプ・紙(東証1) 4情報・通信業(東証1) 5証券・商品先物取引(東証1) 6不動産業(東証1) 7保険業(東証1) 8サービス業(東証1) 9精密機器(東証1) 10建設業(東証1) 目立った銘柄では、KLab(3656)、ディー・エヌ・エー(2432)、住石HD(1514)、旭ダイヤモンド工業(6140)、エレコム(6750)、日新製鋼(5413)、FPG(7148)、ソフトバンク(9984)、東急建設(1720)、楽天(4755)なども買われ目立った上昇となりました。 新興市場 JASDAQ平均、マザーズ指数がそろって上昇しました。 ガンホー(3765)、いちごグループ(2337)、ナカニシ(7716)、ニューフレア(6256)、デジタルガレージ(4819)、ジーテクト(5970)、日本通信(9424)、J・TEC(7774)、コロプラ(3668)、サイバー(4751)、タカラバイオ(4974)、ペプチドリーム(4587)、ミクシィ(2121)などは上昇しましたが、マイクロニクス(6871)、イリソ電子(6908)、クルーズ(2138)、アルデプロ(8925)などは下落。 目立った銘柄では、フルスピード(2159)、システム・ロケーション(2480)、ホットリンク(3680)、フリービット(3843)などがストップ高となっております。 まずはNY株式市場から NYダウ:16424.85(+162.29) ナスダック指数:4086.23(+52.06) シカゴ日経先物:14465円(+45円) 為替(ドル/円):102.25円 (日経平均)騰落レシオ:81.01 (コメント) 16日のNY株式相場は3営業日続伸。 ヤフーをはじめとした企業決算や鉱工業生産などの経済指標が好結果となったことを好感し、3月鉱工業生産が前月比0.7%増と市場予想(0.5%増)を上回る伸びとなったことも相場を後押しております。他に、イエレンFRB議長が講演で、当面はFRBによる支援が米経済に必要であるとの見方を示したことも相場の支援材料となっております。 円建てのCME225先物は昨日の大証日中終値と比べて80円高の14110円で帰ってきております。 本日に東京株式市場は買い優勢の展開となりそうです。 昨日はソフトバンク(9984)の大幅高から投資家心理も回復し、 日経平均株価は大幅高となっております。 市場では『底打ち宣言』の強気な声も少なくないようです。 ただ、米NY株式市場が再度下げだすと東京株式市場もその影響を受けることも予想されます。 ↓ … 続きを読む

カテゴリー: デイリーコメント | コメントをどうぞ

4月16日の東京株式市場デイリーコメント

4月15日の東京株式市場は、外部環境の後押しから先物主導で反発の動きとなり日経平均株価は反発いたしました。 日経平均 13,996.81円(+86.65円) 日経平均先物 14,030円(+80円) TOPIX 1,136.09(+3.33) 東証1部・2部市場 業種別ランキング(東証1部) 1情報・通信業(東証1) 2鉄鋼(東証1) 3パルプ・紙(東証1) 4食料品(東証1) 5ガラス・土石製品(東証1) 6水産・農林業(東証1) 7銀行業(東証1) 8ゴム製品(東証1) 9化学(東証1) 10空運業(東証1) 目立った銘柄では、TSIホールディングス(3608)、ウエルシアホールディングス(3141)、北興化学工業(4992)、大林道路(1896)、ガリバーインターナショナル(7599)、アデランス(8170)、アルパイン(6816)、松屋(8237)、東邦亜鉛(5707)、スター精密(7718)なども買われ目立った上昇となりました。 新興市場 JASDAQ平均は小幅反落となりましたが、マザーズ指数は小幅反発となっております。 シャクリーGG(8205)、USEN(4842)、マイクロニクス(6871)、クルーズ(2138)、日本通信(9424)、ユーグレナ(2931)、エナリス(6079)、アドウェイズ(2489)などは上昇しましたが、ニューフレア(6256)、3DM(7777)、デジタルガレージ(4819)、イリソ電子(6908)、コロプラ(3668)、ペプチドリーム(4587)、CYBERDYNE(7779)などは下落しました。 目立った銘柄では、 日本通信(9424)、フルスピード(2159)、ユーグレナ(2931)、フリービット(3843)、ニックス(4243)、タケダ機械(6150)、アドテック プラズマ テクノロジー(6668)、日本テレホン(9425)などが値幅制限まで買われました。 まずはNY株式市場から NYダウ:16262.56(+89.32) ナスダック指数:4034.16(+11.47) シカゴ日経先物:14110円(+80円) 為替(ドル/円):101.86円 (日経平均)騰落レシオ:77.07(売られすぎ) (コメント) 15日のNY株式相場は続伸。 この日に発表された米企業決算がおおむね好調な結果となったことを好感。米経済指標への失望から売られた場面もあったが、好決算を背景とした押し目買いが優勢となっております。 円建てのCME225先物は昨日の大証日中終値と比べて80円高の14110円で帰ってきております。 本日に東京株式市場は買い優勢の展開となりそうです。 米株市場の続伸を受けて、先物清算値にサヤ寄せする形で朝方は強含みの推移が想定されそうです。ただ、11時に発表予定の中国3月鉱工業生産や1-3月期GDPなどの内容を見極めたい投資家も多く、前場の早い段階で買い一巡からもみ合いの動きも想定されます。 国内材料が乏しいだけに、中国指標の結果次第では相場の地合いが変わることも予想されます。 日経平均株価の予想レンジは14050円-14200円。 個別では、(会員の方は)個別のトレードに「今週の注目銘柄」「FIT劇場」「なんかある?」などを参考にいただきたいと思います。

カテゴリー: デイリーコメント | コメントをどうぞ

4月15日の東京株式市場デイリーコメント

4月14日の東京株式市場は、押し目買いが入り下値抵抗を見せる場面もありましたが、売り圧力は強く日経平均株価は続落いたしました。 日経平均 13,910.16円(-49.89円) 日経平均先物 13,950円(-110円) TOPIX 1,132.76(-1.33) 東証1部・2部市場 業種別ランキング(東証1部) 1鉱業(東証1) 2石油・石炭製品(東証1) 3輸送用機器(東証1) 4食料品(東証1) 5金属製品(東証1) 6水産・農林業(東証1) 7非鉄金属(東証1) 8保険業(東証1) 9銀行業(東証1) 10化学(東証1) 目立った銘柄では、イーブックイニシアティブジャパン(3658)、ポケットカード(8519)、コタ(4923)、チムニー(3178)、北越工業(6364)、ワッツ(2735)、東洋炭素(5310)、エンプラス(6961)、マニー(7730)、JVCケンウッド(6632)なども買われ目立った上昇となりました。 新興市場 JASDAQ平均は反発しましたが、マザーズ指数は続落いたしました。 いちごグループ(2337)、セリア(2782)、ニューフレア(6256)、USEN(4842)、イリソ電子(6908)、ポラテクノ(4239)などは上昇しましたが、3DM(7777)、マイクロニクス(6871)、ジーテクト(5970)、コロプラ(3668)、タカラバイオ(4974)、ペプチドリーム(4587)、ミクシィ(2121)、CYBERDYNE(7779)、エナリス(6079)などは下落。 目立った銘柄では、日本マニュファクチャリングサービス(2162)、アートスパークホールディングス(3663)、M&Aキャピタルパートナーズ(6080)が+700円の5,500円ストップ高と暴騰!その他、アスカネット(2438)、エキサイト(3754)、アエリア(3758)、ディー・ディー・エス(3782)、アドテック プラズマ テクノロジー(6668)などが値幅制限いっぱいまで買われました。 まずはNY株式市場から NYダウ:16173.24(+146.49) ナスダック指数:4022.69(+22.96) シカゴ日経先物:14090円(+140円) 為替(ドル/円):101.84円 (日経平均)騰落レシオ:74.14(売られすぎ) (コメント) 14日のNY株式相場は3営業日ぶりに反発。 米3月小売売上高が前月比1.1%増と、市場予想(同0.9%増)を上回る好結果となっております。さらに、米シティグループの第1四半期決算で調整後の一株当たり利益が1.30ドルとなり、市場予想(1.14ドル)を上回る予想外の増益となっております。ウクライナ情勢に対する不透明感が残るなか、市場はこれらを好感し自律反発の動きとなっております。 円建てのCME225先物は昨日の大証日中終値と比べて140円高の14090円で帰ってきております。 本日に東京株式市場は買い優勢の展開となりそうです。 米株市場の反発を手掛かりに、朝方は買い先行が想定されます。CME225先物は14000円台を回復しており、14000円台を維持できるか注目です。ただ、外部環境の好転を除くと、本日ザラ場中に経済指標や決算発表で目立ったものがないため、前日同様に低調な商いとなる可能性が高く、大型株よりも中小型株の選別物色が強まりそうです。 日経平均株価の予想レンジは14000円-14200円。 個別では、(会員の方は)個別のトレードに「今週の注目銘柄」「FIT劇場」「なんかある?」などを参考にいただきたいと思います。 ※ご注意・ご確認※ 当メールは投資に関する情報提供を目的としたものであり、投資に関する判断は自己責任でお願い致します。

カテゴリー: デイリーコメント | コメントをどうぞ

4月8日の東京株式市場デイリーコメント

4月7日の東京株式市場は、外部環境の悪化を嫌気し朝方から売られ日経平均株価が大幅続落いたしました。 日経平均 14,808.85円(-254.92円) 日経平均先物 14,810円(-270円) TOPIX 1,196.84(-19.05) 東証1部・2部市場 業種別ランキング(東証1部) 1鉱業(東証1) 2空運業(東証1) 3石油・石炭製品(東証1) 4パルプ・紙(東証1) 5医薬品(東証1) 6小売業(東証1) 7ゴム製品(東証1) 8非鉄金属(東証1) 9食料品(東証1) 10陸運業(東証1) 目立った銘柄では、ランド(8918)、ジーンズメイト(7448)、福田組(1899)、新田ゼラチン(4977)、MARUWA(5344)、ユニオンツール(6278)、ルネサスエレクトロニクス(6723)、参天製薬(4536)、アーレスティ(5852)、大日本住友製薬(4506)なども買われ目立った上昇となりました。 新興市場 JASDAQ平均、マザーズ指数がともに下落いたしました。 USEN(4842)、ミクシィ(2121)、CYBERDYNE(7779)などは上昇しましたが、ガンホー(3765)、いちごグループ(2337)、マイクロニクス(6871)、デジタルガレージ(4819)、3DM(7777)、J・TEC(7774)、コロプラ(3668)、タカラバイオ(4974)、ペプチドリーム(4587)などは下落。 目立った銘柄、UBIC(2158)、ペッパーフードサービス(3053)、データホライゾン(3628)、アドテック プラズマ テクノロジー(6668)などがストップ高。 まずはNY株式市場から NYダウ:16245.87(-166.84) ナスダック指数:4079.75(-47.97) シカゴ日経先物:14715円(-95円) 為替(ドル/円):103.06円 (日経平均)騰落レシオ:103.85 (コメント) 7日のNY株式市場は、NYダウが3営業日続落。 ウクライナ東部では、親ロシア派のデモ隊が複数の都市で市庁舎などを占拠。 ドネツクでは「共和国」の樹立を宣言した上で、ロシア編入を問う住民投票を行うと発表した。これを受けて、ウクライナの危機がクリミア半島以外にも広がるのではないかとの懸念が高まり、欧州市場が下落し、リスクオフから米国株にも波及しております。 円建てのCME225先物は昨日の大証日中終値と比べて95円安の14715円で帰ってきております。 本日に東京株式市場は売り優勢の展開となりそうです。 欧米株安を受けて寄り付きから軟調な推移が想定され、CME225先物が14715円で帰ってきており、また一目均衡表の転換線(14695円)となり落ち着きどころと考えられます。 昨日から開かれていてる日銀の金融政策決定会合が午後にかけて結果発表されることから、売り一巡後は会合の結果を見極めようとして様子見ムードが強まることも想定あれます。 仮に追加緩和策についての言及がなかった場合は仕掛け的な売りで一段安となることも予想されそうです。 日経平均株価の予想レンジは14600円-14800円。 … 続きを読む

カテゴリー: デイリーコメント | コメントをどうぞ

4月7日の東京株式市場デイリーコメント

4月4日の東京株式市場は、米NY株安などから上値重く日経平均株価が小幅反落いたしました。 日経平均 15,063.77円(-8.11円) 日経平均先物 15,080円(0円) TOPIX 1,215.89(-0.88) 東証1部・2部市場 業種別ランキング(東証1部) 1不動産業(東証1) 2その他金融業(東証1) 3海運業(東証1) 4ゴム製品(東証1) 5保険業(東証1) 6建設業(東証1)7石油・石炭製品(東証1) 8空運業(東証1) 9証券・商品先物取引(東証1) 10倉庫・運輸関連(東証1) 目立った銘柄では、不動テトラ(1813)、戸田工業(4100)、KNTCT(9726)、ニチハ(7943)、ケネディクス(4321)、KLab(3656)、応用地質(9755)、WDB(2475)、ダイビル(8806)、コタ(4923)なども買われ目立った上昇となりました。 新興市場 JASDAQ平均は小幅高となりましたが、マザーズ指数は小幅下落となっております。 いちごグループ(2337)、ニューフレア(6256)、USEN(4842)、VTHD(7593)、レーサム(8890)、コロプラ(3668)、CYBERDYNE(7779)、アルデプロ(8925)などは上昇しましたが、セリア(2782)、クルーズ(2138)、J・TEC(7774)、日本通信(9424)、サイバー(4751)、ミクシィ(2121)、アドウェイズ(2489)などは下落しました。 目立った銘柄では、ディー・エル・イー(3686)、タツモ(6266)、アドテック プラズマ テクノロジー(6668)、ジャパンシステム(9758)がストップ高。 まずはNY株式市場から NYダウ:16412.71(-159.84) ナスダック指数:4127.73(-110.01) シカゴ日経先物:14875円(-205円) 為替(ドル/円):103.23円 (日経平均)騰落レシオ:106.90 (コメント) 4日のNY株式相場は続落。 3月の米雇用統計は非農業部門雇用者数が19.2万人増となり、市場予想(20.0万人増)。 失業率は6.7%と市場予想(6.6%)よりも弱い結果でしたが、市場予想には及ばなかったもののおおむね堅調な内容でした。 序盤はこうしたことが好感されたが、その後は材料が出尽くしたなかで下落しております。 円建てのCME225先物は昨日の大証日中終値と比べて205円安の14875円で帰ってきております。 本日に東京株式市場は売り優勢の展開となりそうです。 米株市場が大きく調整しており、この流れを受けて朝方は日経平均が節目の15000円や5日線(14940円)を割り込み、下値模索の動きが想定されます。 その後は今日、明日にかけて開催される日銀の金融政策決定会合を見極めようとして、様子見ムードから安値もみ合いで推移するものと思われます。 今週は、これまで急ピッチな上昇となったことや15,000円乗せの達成感からしばらくはもみ合う動き、調整も予想されます。 個別株物色となりそうです。 … 続きを読む

カテゴリー: デイリーコメント | コメントをどうぞ

4月4日の東京株式市場デイリーコメント

4月3日の東京株式市場は、昨日に続き先物主導で買い進められ日経平均株価が続伸いたしました。 日経平均 15,071.88円(+125.56円) 日経平均先物 15,080円(+110円) TOPIX 1,216.77(+5.41) 東証1部・2部市場 業種別ランキング(東証1部) 1その他金融業(東証1) 2食料品(東証1) 3精密機器(東証1) 4パルプ・紙(東証1) 5保険業(東証1) 6鉱業(東証1) 7ゴム製品(東証1) 8陸運業(東証1) 9海運業(東証1) 10不動産業(東証1) 目立った銘柄では、レシップホールディングス(7213)、あみやき亭(2753)、宮越ホールディングス(6620)、電気興業(6706)、コタ(4923)、新日本無線(6911)、日本空調サービス(4658)、丸文(7537)、TOA(6809)、大同工業(6373)なども買われ目立った上昇となりました。 新興市場 JASDAQ平均は小幅高となりましたが、マザーズ指数は反落いたしました。 ニューフレア(6256)、デジタルガレージ(4819)、VTHD(7593)、日本通信(9424)、CYBERDYNE(7779)などは上昇しましたが、いちごグループ(2337)、セリア(2782)、マイクロニクス(6871)、3DM(7777)、クルーズ(2138)、コロプラ(3668)、ペプチドリーム(4587)、ミクシィ(2121)、エナリス(6079)などは下落しました。 目立った銘柄では、イメージ ワン(2667)、ラクオリア創薬(4579)、アルチザネットワークス(6778)、日本テレホン(9425)などがストップ高。 まずはNY株式市場から NYダウ:16572.55(-0.45) ナスダック指数:4237.74(-38.72) シカゴ日経先物:15075円(-5円) 為替(ドル/円):103.94円 (日経平均)騰落レシオ:103.59 (コメント) 3日のNY株式相場は5営業日ぶりに反落。 4日の3月雇用統計を控え利益確定の売りが優勢、様子見ムードとなっております。 円建てのCME225先物は昨日の大証日中終値と比べて5円高の15075円で帰ってきております。 本日に東京株式市場は様子見ムードの展開かと思われます。 米株市場に目立った変化がなく、手掛かり材料不足から様子見が想定されます。 前日の日経平均は終値ベースで3月11日以来となる15000円台を回復。ただ、75日線(15101円)が抵抗帯として意識される水準にあり、週末を前に利益確定売りや米3月雇用統計を見極めたいところから調整となることも予想されます。 日経平均株価の予想レンジは14950円-15100円。 個別では、(会員の方は)個別のトレードに「今週の注目銘柄」「FIT劇場」「なんかある?」などを参考にいただきたいと思います。 ※ご注意・ご確認※ … 続きを読む

カテゴリー: デイリーコメント | コメントをどうぞ

4月3日の東京株式市場デイリーコメント

4月2日の東京株式市場は、先物主導で買い進められ日経平均株価は幅のある反発となりました。 日経平均 14,946.32円(+154.33円) 日経平均先物 14,970円(+210円) TOPIX 1,211.36(+7.11) 東証1部・2部市場 業種別ランキング(東証1部) 1不動産業(東証1) 2その他金融業(東証1) 3証券・商品先物取引(東証1) 4海運業(東証1) 5銀行業(東証1) 6石油・石炭製品(東証1) 7機械(東証1) 8パルプ・紙(東証1) 9輸送用機器(東証1) 10建設業(東証1) 目立った銘柄では、レシップホールディングス(7213)、エイチーム(3662)、ケネディクス(4321)、ネクスト(2120)、SMK(6798)、飯田GHD(3291)、APカンパニー(3175)、足利ホールディングス(7167)、Paltac(8283)なども買われ目立った上昇となりました。 新興市場 JASDAQ平均、マザーズ指数がともに上昇となりました。 ガンホー(3765)、いちごグループ(2337)、マイクロニクス(6871)、ニューフレア(6256)、デジタルガレージ(4819)、VTHD(7593)、クルーズ(2138)、ジーテクト(5970)、ポラテクノ(4239)、サイバー(4751)、ペプチドリーム(4587)、アドウェイズ(2489)、ナノキャリア(4571)などがそろって上昇しました。 目立った銘柄では、トレンダーズ(6069)、M&Aキャピタルパートナーズ(6080)、タツモ(6266)などがストップ高。 まずはNY株式市場から NYダウ:16573(+40.39) ナスダック指数:4276.46(+8.42) シカゴ日経先物:15080円(+110円) 為替(ドル/円):103.85円 (日経平均)騰落レシオ:97.66 (コメント) 2日のNY株式相場は4営業日続伸。 3月のADP雇用統計は19.1万人増と市場予想(19.5万人増)を下回ったものの、雇用情勢は堅調。また、2月の製造業受注指数の伸びが予想を上回ったことも好感されており、週末に3月の雇用統計の発表を控えるなか、底堅い展開となっております。 S&P500は連日の過去最高値更新です。 円建てのCME225先物は昨日の大証日中終値と比べて110円高の15080円で帰ってきております。 本日に東京株式市場は買い優勢の展開かと思われます。 昨日の日経平均株価は一時15000円台を回復しております。ただ、東証1部の騰落銘柄数は、値上がり807/値下がり858と若干売り優勢でした。 主力銘柄では、追加緩和期待から三菱地所や住友不などの不動産大手、三菱UFJや三井住友といったメガバンクなど金融緩和の恩恵を受ける銘柄が上昇し、ファストリやソフトバンクといった値がさ株の上昇も指数を押し上げております。 今日はCME225先物は昨日の大証日中終値と比べて110円高の15080円で帰ってきており、終値で15000円を超えられるか注目されます。 日経平均株価の予想レンジは14900円-15100円。 … 続きを読む

カテゴリー: デイリーコメント | コメントをどうぞ