月別アーカイブ: 5月 2014

5月30日の東京株式市場デイリーコメント

5月28日の東京株式市場は、下値を切り上げる展開となり、しっかりとした動きが続き日経平均株価は6日続伸いたしました。 日経平均 14,681.72円(+10.77円) 日経平均先物 14,690円(+10円) TOPIX 1,200.68(+2.51) 東証1部・2部市場 業種別ランキング(東証1部) 1水産・農林業(東証1) 2パルプ・紙(東証1) 3ゴム製品(東証1) 4輸送用機器(東証1) 5その他金融業(東証1) 6石油・石炭製品(東証1) 7ガラス・土石製品(東証1) 8証券・商品先物取引(東証1) 9サービス業(東証1) 10精密機器(東証1) 目立った銘柄では、1 INV(8961)、 サニックス(4651) 、 日本水産(1332) 、APカンパニー(3175)、Jマテリアル(6055)が買われております。 まずはNY株式市場から NYダウ:16698.74(+65.56) ナスダック指数:4247.95(+22.87) シカゴ日経先物:14745円(+55円) 為替(ドル/円):101.76円 (日経平均)騰落レシオ:107.27 (コメント) 29日のNY株式相場は反発。 朝方発表された1~3月の実質GDP(国内総生産)は、速報値の前期比年率0.1%増から1.0%減に改定され、3年ぶりとなるマイナスを記録しましたが、米経済のけん引役である個人消費が上方改定されたほか、在庫の減少が下ぶれの主な要因とされ、今後の成長に期待できる内容と受け止められております。 円建てのCME225先物は昨日の大証日中終値と比べて55円高の14745円で帰ってきております。 本日に東京株式市場は買い優勢の展開が予想されます。 米国株式市場はGDP悪化にも関わらず上昇しており、リスクオンの流れが続いているとみられます。 寄り付き前に4月失業率・有効求人倍率や4月鉱工業生産が発表されます。市場予想を下回ったとしても、良好な外部環境や前日相場で確認された地合いの底堅さなどから、相場への影響は限定的とみられます。ただ、前日まで日経平均は6日続伸で、週末を前に利益確定売りが出ても不思議ではない水準。一方、月末を迎えて機関投資家によるドレッシング買いも期待され、取引終盤にかけて波乱の展開となる可能性もありそうです。 日経平均株価の予想レンジは14650円-14800円。 個別では、(会員の方は)個別のトレードに「今週の注目銘柄」「FIT劇場」「なんかある?」などを参考にいただきたいと思います。 … 続きを読む

カテゴリー: デイリーコメント | コメントをどうぞ

5月29日の東京株式市場デイリーコメント

5月28日の東京株式市場は、上値が徐々に重くなる中、しっかりとした動きが続き日経平均株価は続伸いたしました。 日経平均 14,670.95円(+34.43円) 日経平均先物 14,680円(+70円) TOPIX 1,198.17(+3.06) 東証1部・2部市場 業種別ランキング(東証1部) 1水産・農林業(東証1) 2建設業(東証1) 3保険業(東証1) 4金属製品(東証1) 5その他金融業(東証1) 6鉱業(東証1) 7食料品(東証1) 8情報・通信業(東証1) 9機械(東証1) 10化学(東証1) 目立った銘柄では、山一電機(6941)、藤倉ゴム工業(5121)、ジャパンベストレスキューシステム(2453)、古河電池(6937)、ランド(8918)、新電元工業(6844)、コロプラ(3668)、川田テクノロジーズ(3443)、サニックス(4651)、熊谷組(1861)なども買われ目立った上昇となりました。 新興市場 JASDAQ平均、マザーズ指数が共に続伸いたしました。 ガンホー(3765)、セリア(2782)、いちごグループ(2337)、マイクロニクス(6871)、シャクリーGG(8205)、ナカニシ(7716)、フクダ電子(6960)、日本通信(9424)、ニューフレア(6256)、イリソ電子(6908)、クルーズ(2138)、ペプチドリーム(4587)、CYBERDYNE(7779)、アドウェイズ(2489)などは上昇しましたが、VTHD(7593)、ポラテクノ(4239)、サイバー(4751)、エナリス(6079)などは下落しました。 目立った銘柄では、アスカネット(2438)、ゲオディノス(4650)、ライドオン・エクスプレス(6082)、エンバイオ・ホールディングス(6092)、アドテック プラズマ テクノロジー(6668)などがストップ高。 まずはNY株式市場から NYダウ:16633.18(-42.32) ナスダック指数:4225.08(-11.99) シカゴ日経先物:14650円(-30円) 為替(ドル/円):101.82円 (日経平均)騰落レシオ:105.84 (コメント) 28日のNY株式相場は下落。 ダウは4営業日連続で上昇してきましたが、主な経済指標の発表もなく、29日の1-3月期GDP改定値の内容を見極めたいとの思惑から手控えムードとなっております米10年国債利回りは約11ヶ月ぶりの水準に低下しております。  円建てのCME225先物は昨日の大証日中終値と比べて30円安の14650円で帰ってきております。 本日に東京株式市場は小幅安の展開が予想されます。 米国株式市場に目立った動きがなく、CME先物も小動きにとどまっており、寄り付きは先物価格にサヤ寄せする形で小幅安になろうかと思われます。 日経平均は前日まで5日続伸しており、利益確定売りが出やすい水準にある一方、地合いの底堅さも確認されており、下げ幅は限定的とみられ200日線(14655円)を中心に方向感を探る展開となりそうです。 後場にかけては米1-3月期のGDP改定値や翌日に控える4月雇用統計をにらんで手控えムードが強まることが想定され、。中小型株を中心とした個別株物色の展開が予想されます。、前日同様に出遅れ株や電池関連やゲーム関連、バイオ関連などが注目されそうです。 日経平均株価の予想レンジは14550円-14700円。 個別では、(会員の方は)個別のトレードに「今週の注目銘柄」「FIT劇場」「なんかある?」などを参考にいただきたいと思います。 … 続きを読む

カテゴリー: デイリーコメント | コメントをどうぞ

5月28日の東京株式市場デイリーコメント

5月27日の東京株式市場は、好地合いを引き継ぐ形で買いが継続し日経平均株価は続伸しております。 日経平均 14,636.52円8+34.00) 日経平均先物 14,610円(+30円) TOPIX 1,195.11(+0.42) 東証1部・2部市場 業種別ランキング(東証1部) 1パルプ・紙(東証1) 2鉄鋼(東証1) 3証券・商品先物取引(東証1) 4陸運業(東証1) 5不動産業(東証1) 6金属製品(東証1) 7精密機器(東証1) 8非鉄金属(東証1) 9ガラス・土石製品(東証1) 10化学(東証1 目立った銘柄では、イマジカ・ロボット(6879)、MARUWA(5344)、星光PMC(4963)、リブセンス(6054)、キッツ(6498)、モバイルクリエイト(3669)、エスケイジャパン(7608)、セイコーエプソン(6724)、戸田工業(4100)、新日本科学(2395)なども買われ目立った上昇となりました。 新興市場 JASDAQ平均、マザーズ指数が共に上昇いたしました。 シャクリーGG(8205)、マイクロニクス(6871)、フクダ電子(6960)、ニューフレア(6256)、イリソ電子(6908)、サイバー(4751)、タカラバイオ(4974)、ペプチドリーム(4587)、ユーグレナ(2931)、ナノキャリア(4571)などは上昇し、日本通信(9424)、デジタルガレージ(4819)、ミクシィ(2121)、CYBERDYNE(7779)、エナリス(6079)、アドウェイズ(2489)などは下落。 目立った銘柄では、イナリサーチ(2176)、ビリングシステム(3623)、メディア工房(3815)、ゲオディノス(4650)、リプロセル(4978)、フューチャーベンチャーキャピタル(8462)がストップ高。 まずはNY株式市場から NYダウ:16675.5(+69.23) ナスダック指数:4237.07(+51.26) シカゴ日経先物:14680円(+70円) 為替(ドル/円):102円 (日経平均)騰落レシオ:107.53 (コメント) 27日のNY株式相場は続伸。 朝方発表された4月の耐久財受注額が前月比0.8%増と市場予想(0.5%減=ロイター通信調べ)に反して伸びたほか、5月の米消費者景気信頼感指数も前月から上昇し、米景気が緩やかな回復を好感しております。ハイテク株中心のナスダック総合指数は同51.26ポイント高の4237.07と続伸しております。  円建てのCME225先物は昨日の大証日中終値と比べて70円高の14680円で帰ってきております。 本日に東京株式市場はもみ合う展開が予想されます。 東証1部の騰落銘柄数は、値上がり796/値下がり845とやや値下がり優勢となっております。 主力銘柄では、ミクシィが利益確定売りに押される一方、マイクロニクスは大幅高と対照的な動きとなっており、ゴールドマンが投資判断を「買い」に引き上げたエプソンは年初来高値を更新しております。 さて、急ピッチな上昇を続けてきた東京株式市場ですが、ようやく2・3日の調整が入りそうなムードとなってきました。日経平均株価は、先週水曜日21日の安値13,964円から僅か5営業日となる昨日の高値の14,744円まで780円幅の上昇となっております。ただ相場のムードは悪くなく基本的には「押し目買い」となりますが、個別で引き続き出遅れ銘柄の反発に資金が集まりそうです。 日経平均株価の予想レンジは14550円-14700円。 個別では、(会員の方は)個別のトレードに「今週の注目銘柄」「FIT劇場」「なんかある?」などを参考にいただきたいと思います。 … 続きを読む

カテゴリー: デイリーコメント | コメントをどうぞ

5月27日の東京株式市場デイリーコメント

5月26日の東京株式市場は、先週の大幅高に続き買い基調が継続し日経平均株価は続伸いたしました。 日経平均 14,602.52円(+140.35円) 日経平均先物 14,580円(+160円) TOPIX 1,194.69(+14.25) 東証1部・2部市場 業種別ランキング(東証1部) 1証券・商品先物取引(東証1) 2その他金融業(東証1) 3電気・ガス業(東証1) 4サービス業(東証1) 5金属製品(東証1) 6ゴム製品(東証1) 7精密機器(東証1) 8銀行業(東証1) 9鉄鋼(東証1) 10海運業(東証1) 目立った銘柄では、ランド(8918)、KLab(3656)、enish(3667)、エイチーム(3662)、リブセンス(6054)、ボルテージ(3639)、イーブック(3658)、千代田インテグレ(6915)、ネクシィーズ(4346)、ネオス(3627)など買われ上昇。 新興市場 JASDAQ平均、マザーズ指数が共に上昇いたしました。 ガンホー(3765)、セリア(2782)、いちごグループ(2337)、マイクロニクス(6871)、日本通信(9424)、USEN(4842)、デジタルガレージ(4819)、イリソ電子(6908)、J・TEC(7774)、クルーズ(2138)、サイバー(4751)、ミクシィ(2121)、タカラバイオ(4974)、ペプチドリーム(4587)、アドウェイズ(2489)、ナノキャリア(4571)などがそろって上昇しました。 目立った銘柄では、ソフトフロント(2321)、イデアインター(3140)、サンワカンパニー(3187)、ネットワークバリュー(3394)、テックファーム(3625)、ホットリンク(3680)、ブイキューブ(3681)、メディア工房(3815)、ポラテクノ(4239)、ビーマップ(4316)、ユークス(4334)、デ・ウエスタン・セラピテクス研究所(4576)、ゲオディノス(4650)、メディアシーク(4824)、アドテック(6840)、プラザクリエイト(7502)がストップ高となりました。 まずはNY株式市場から NYダウ:休場 ナスダック指数:休場 シカゴ日経先物:14630円(0円) 為替(ドル/円):101.94円 (日経平均)騰落レシオ:108.99 (コメント) 26日の米国市場は戦没将兵追悼記念日(メモリアルデー)の祝日のため休場。 円建てのCME225先物は昨日の大証日中終値と比べて変わらずの14630円で帰ってきております。 本日に東京株式市場はもみ合う展開が予想されます。 前日上昇の反動から利益確定売りが予想されますが、地合いの改善が続くとの見方から押し目買いも想定されます。 薄商いの中で物色はミクシィを筆頭にゲーム関連を中心とした新興市場銘柄が人気化すると思われ、主力大型株を手掛けにくい状況ですが金融関連株に注目したいと思います。 寄り付き前には4月企業向けサービス価格指数、14時には5月中小企業景況判断の発表されます。 日経平均株価の予想レンジは14550円-14650円。 個別では、(会員の方は)個別のトレードに「今週の注目銘柄」「FIT劇場」「なんかある?」などを参考にいただきたいと思います。 ※ご注意・ご確認※ … 続きを読む

カテゴリー: デイリーコメント | コメントをどうぞ

5月26日の東京株式市場デイリーコメント

5月23日の東京株式市場は、基調が継続し日経平均株価は続伸いたしました。 日経平均 14,462.17円(+124.38円) 日経平均先物 14,420円(+110円) TOPIX 1,180.448+11.10) 東証1部・2部市場 業種別ランキング(東証1部) 1 鉱業(東証1) 2 不動産業(東証1) 3 ゴム製品(東証1) 4 機械(東証1) 5 保険業(東証1) 6 石油・石炭製品(東証1) 7 医薬品(東証1) 8 銀行業(東証1) 9 サービス業(東証1) 10 精密機器(東証1) 目立った銘柄では、ブレインパッド(3655)、GMOペイメントゲートウェイ(3769)、ハピネット(7552)、住友精密工業(6355)、パンチ工業(6165)、AGS(3648)、光世証券(8617)、エレコム(6750)、ペガサスミシン製造(6262)、オルトプラス(3672)なども買われ目立った上昇となりました。 新興市場 JASDAQ平均、マザーズ指数が共に上昇いたしました。 いちごグループ(2337)、日本通信(9424)、USEN(4842)、3DM(7777)、ニューフレア(6256)、ジーテクト(5970)、クルーズ(2138)、サイバー(4751)、ミクシィ(2121)、タカラバイオ(4974)、ペプチドリーム(4587)、CYBERDYNE(7779)、アドウェイズ(2489)などは上昇しましたが、シャクリーGG(8205)、マイクロニクス(6871)、イリソ電子(6908)、ユーグレナ(2931)などは下落しました。 目立った銘柄では、ソフトフロント(2321)、比較.com(2477)、ビリングシステム(3623)、ポラテクノ(4239)、アキュセラ(4589)、リバーエレテック(6666)がストップ高。 まずはNY株式市場から NYダウ:16606.27(+63.19) ナスダック指数:4185.81(+31.47) シカゴ日経先物:14560円(+140円) 為替(ドル/円):101.96円 (日経平均)騰落レシオ:110.35 (コメント) 23日のNY株式相場は3営業日続伸。 米新築住宅販売が予想を上回る増加となったことを好感しております。また、ヒューレット・パッカードが急反発となったことも相場を押し上げ。なお、S&P500は過去最高値を更新、初の1900ポイント台での引けでした。 円建てのCME225先物は昨日の大証日中終値と比べて140円高の14560円で帰ってきております。 本日に東京株式市場は買い優勢の展開となりそうです。 米住宅市場に対する安心感の広がりなどから、S&P500が過去最高値を更新しております。 強含みの米株市場を背景に朝方から買い先行で推移すると思われ、日経平均は上値メドとして意識される200日線(14642円)を突破できるかが焦点となります。 東証1部の売買代金は依然として2兆円を下回る水準ですが、先週の日本株はかんぽ生命保険が日本株投資の金額を3000~3500億円拡大報道やGPIFなど公的年金改革などから資金回帰が期待され、増加してくるものと思われます。 今晩の米国市場がメモリアルデーによる休場となるため、外部環境の影響を受けにくく、6月の成長戦略への期待感などから相場の押し上げ要因になることも予想されます。 日経平均株価の予想レンジは14400円-14640円。 … 続きを読む

カテゴリー: デイリーコメント | コメントをどうぞ

5月22日の東京株式市場デイリーコメント

5月21日の東京株式市場は、米NY株式市場の下落など外部環境の悪化が嫌気され日経平均株価は反落いたしました。 日経平均 14,042.17円(-33.08円) 日経平均先物 14,040円(-20円) TOPIX 1,150.05(-3.33) 東証1部・2部市場 業種別ランキング(東証1部) 1鉱業(東証1) 2石油・石炭製品(東証1) 3空運業(東証1) 4水産・農林業(東証1) 5情報・通信業(東証1) 6陸運業(東証1) 7サービス業(東証1) 8建設業(東証1) 9ゴム製品(東証1) 10その他製品(東証1) 目立った銘柄では、タツタ電線(5809)、タムラ製作所(6768)、石油資源開発(1662)、エクセル(7591)、フューチャー(4722)、ソフトクリエHD(3371)、ジャパンディスプレイ(6740)、TOWA(6315)、明星工業(1976)、スタートトゥデイ(3092)なども買われ目立った上昇となりました。 新興市場 JASDAQ平均は下落しましたが、マザーズ指数は続伸いたしました。 ガンホー(3765)、シャクリーGG(8205)、マイクロニクス(6871)、VTHD(7593)、日本通信(9424)、デジタルガレージ(4819)、3DM(7777)、ミクシィ(2121)、ペプチドリーム(4587)、エナリス(6079)、CYBERDYNE(7779)、アドウェイズ(2489)などは上昇しましたが、いちごグループ(2337)、USEN(4842)、イリソ電子(6908)、J・TEC(7774)、ユーグレナ(2931)などは下落しました。 目立った銘柄では、SEED(1739)、PALTEK(7587)がストップ高。 ウェッジホールディングス(2388)、ソフトフロント(2321)、ユナイテッド(2497)、エナリス(6079)、リアルコム(3856)、フリービット(3843)などが幅のある上昇となりました。 まずはNY株式市場から NYダウ:16533.06(+158.75) ナスダック指数:4131.54(+34.65) シカゴ日経先物:1485円(+145円) 為替(ドル/円):101.39円 (日経平均)騰落レシオ:97.89 (コメント) 21日のNY株式市場は大幅反発。 小売り決算に対する懸念後退を受けて優良株で構成するダウ工業株30種平均が急反発となっております。 ハイテク株中心のナスダック総合指数は34.65ポイント高の4131.54でした。 円建てのCME225先物は昨日の大証日中終値と比べて145円高の14185円で帰ってきております。 本日に東京株式市場は買い優勢の展開となりそうです。 昨日の日銀の金融政策決定会合で金融政策の現状維持が決まっておりますが、想定通りとの見方が多く、反応薄となっております。 同総裁は株価について「トレンドとして株高の方向は変わっていない」、為替について「円高になっていく理由ない」と市場に向けてポジティブなメッセージを送っておりますが、果たして本日以降の展開に注目していきます。 個別銘柄では、三菱UFJが大幅に目標株価を引き上げたミクシィが年初来高値を更新。マイクロニクスも値を飛ばしており、値動きの良い新興市場銘柄に短期資金が集中しております。 … 続きを読む

カテゴリー: デイリーコメント | コメントをどうぞ

5月21日の東京株式市場デイリーコメント

5月20日の東京株式市場は、米NY株式市場の反発など外部環境の後押しもあり日経平均株価は反発いたしました。 日経平均 14,075.25円(+68.81円) 日経平均先物 14,060円(+30円) TOPIX 1,153.38(+3.31) 東証1部・2部市場 業種別ランキング(東証1部) 1電気・ガス業(東証1) 2空運業(東証1) 3サービス業(東証1) 4水産・農林業(東証1) 5その他製品(東証1) 6証券・商品先物取引(東証1) 7小売業(東証1) 8非鉄金属(東証1) 9不動産業(東証1) 10情報・通信業(東証1) 目立った銘柄では、ジャストシステム(4686)、ヤフー(4689)、パイプドビッツ(3831)、ソースネクスト(4344)、日成ビルド工業(1916)、大平洋金属(5541)、フューチャーアーキテクト(4722)、クスリのアオキ(3398)、アーク(7873)、ナカノフドー建設(1827)なども買われ目立った上昇となりました。 新興市場 JASDAQ平均、マザーズ指数が反発いたしました。 ガンホー(3765)、セリア(2782)、いちごグループ(2337)、マイクロニクス(6871)、USEN(4842)、日本通信(9424)、デジタルガレージ(4819)、3DM(7777)、イリソ電子(6908)、サイバー(4751)、ミクシィ(2121)、タカラバイオ(4974)、ペプチドリーム(4587)、エナリス(6079)、アドウェイズ(2489)などがそろって上昇。 目立った銘柄では、日本マイクロニクス(6871)、DNAチップ研究所(2397)、セキュアヴェイル(3042)、マルマエ(6264)などがストップ高。 まずはNY株式市場から NYダウ:16374.31(-137.55) ナスダック指数:4096.89(-28.92) シカゴ日経先物:13980円(-80円) 為替(ドル/円):101.30円 (日経平均)騰落レシオ:93.31 (コメント) 20日のNY株式相場は3営業日ぶりに反落。 一部の小売業の低調な決算や、米連邦準備制度理事会(FRB)幹部の利上げをめぐる発言を受けて下落しております。優良株で構成するダウ工業株30種平均は、約1カ月ぶりの安値で終了しております。 円建てのCME225先物は昨日の大証日中終値と比べて80円安の13980円で帰ってきております。 本日に東京株式市場はウリ優勢の展開となりそうです。 昨日、個別ではイー・アクセスの買収を中止するとの発表がポジティブと評価されたヤフー、ニッケル市況の大幅上昇が材料視された大平金、リフレ関連物色の住友不などが上昇しております。一方、三井住友や三菱UFJといったメガバンク、オリックスなど金融株が下落でした。 売買代金は1兆5610億円と9営業日連続で2兆円割れを記録。 本日は日銀金融政策決定会合後の黒田日銀総裁会見が注目されますが、金融政策の現状維持が有力との見方が多く、14,000円割れからの一段安に注意したいところかと思われます。 日経平均株価の予想レンジは13900円-14200円。 個別では、(会員の方は)個別のトレードに「今週の注目銘柄」「FIT劇場」「なんかある?」などを参考にいただきたいと思います。 … 続きを読む

カテゴリー: デイリーコメント | コメントをどうぞ

5月20日の東京株式市場デイリーコメント

5月19日の東京株式市場は、後場に入り外部環境の悪化などから売り物に押され日経平均株価は続落しました。 日経平均 14,006.44円(-90.15円) 日経平均先物 14,030円(-100円) TOPIX 1,150.07(-9.00) 東証1部・2部市場 業種別ランキング(東証1部) 1パルプ・紙(東証1) 2陸運業(東証1) 3小売業(東証1) 4空運業(東証1) 5医薬品(東証1) 6鉱業(東証1) 7食料品(東証1) 8その他製品(東証1) 9電気・ガス業(東証1) 10海運業(東証1) 目立った銘柄では、エクセル(7591)、あすか製薬(4514)、マルエツ(8178)、山下医科器械(3022)、ジョイフル本田(3191)、帝国繊維(3302)、東邦チタニウム(5727)、東京エレクトロン(8035)、エスペック(6859)、カスミ(8196)なども買われ目立った上昇となりました。 新興市場 JASDAQ平均、マザーズ指数がそろって大幅安となっております。 ガンホー(3765)、いちごグループ(2337)、マイクロニクス(6871)、USEN(4842)、VTHD(7593)、デジタルガレージ(4819)、3DM(7777)、クルーズ(2138)、J・TEC(7774)、サイバー(4751)、タカラバイオ(4974)、ペプチドリーム(4587)、CYBERDYNE(7779)、エナリス(6079)などがそろって下落しました。 目立った銘柄では、SEED(1739)、ドリームバイザー・ホールディングス(3772)、マルマエ(6264) がストップ高。 まずはNY株式市場から NYダウ:16511.86(+20.55) ナスダック指数:4125.82(+35.23) シカゴ日経先物:14125円(+95円) 為替(ドル/円):101.45円 (日経平均)騰落レシオ:92.69 (コメント) 19日のNY株式相場は続伸。 ダウ平均は25日移動平均線を下回る場面もありましあが、バイオテック関連やネット関連株などが序盤から持ち直したことが買い安心感につながっております。 円建てのCME225先物は昨日の大証日中終値と比べて95円高の14125円で帰ってきております。 本日に東京株式市場は買い優勢の展開となりそうです。 米株高や先物価格、為替水準などを踏まえると、小幅高で寄り付いた後は市場エネルギーやモメンタムの低下から上値の重い動きかと思われます。主力大型株や値がさ株への買いが期待しづらい中、値動きの良い新興市場銘柄に短期資金が集まろうかと思われます。前日乱高下したミクシィなどを中心にガンホーやサイバーAなどに買い戻しが入るか注目されます。 日経平均株価の予想レンジは14100円-14200円。 個別では、(会員の方は)個別のトレードに「今週の注目銘柄」「FIT劇場」「なんかある?」などを参考にいただきたいと思います。 ※ご注意・ご確認※ … 続きを読む

カテゴリー: デイリーコメント | コメントをどうぞ

5月19日の東京株式市場デイリーコメント

5月16日の東京株式市場は、米NY株式市場の下落など外部環境の更なる悪化が嫌気され軟調商状となり、日経平均株価は続落いたしました。 日経平均 14,096.59円(-201.62円) 日経平均先物 14,130円(-170円) TOPIX 1,159.07(-19.22) 東証1部・2部市場 業種別ランキング(東証1部) 1ガラス・土石製品(東証1) 2サービス業(東証1) 3水産・農林業(東証1) 4化学(東証1) 5卸売業(東証1) 6金属製品(東証1) 7小売業(東証1) 8機械(東証1) 9鉄鋼(東証1) 10建設業(東証1) 目立った銘柄では、エクセル(7591)、TPR(6463)、アマダ(6113)、メルコホールディングス(6676)、市光工業(7244)、ジョイフル本田(3191)、東洋BENG(4828)、SUMCO(3436)、富士紡HD(3104)、新晃工業(6458)なども買われ目立った上昇となりました。 新興市場 JASDAQ平均、マザーズ指数が大幅安となっております。 ガンホー(3765)、いちごグループ(2337)、セリア(2782)、ナカニシ(7716)、3DM(7777)、デジタルガレージ(4819)、ニューフレア(6256)、イリソ電子(6908)、サイバー(4751)、タカラバイオ(4974)、ペプチドリーム(4587)、CYBERDYNE(7779)、エナリス(6079)、アドウェイズ(2489)などがそろって下落。 目立った銘柄では、ミクシィ(2121)、ラクオリア創薬(4579)、SEED(1739)などがストップ高。 まずはNY株式市場から NYダウ:16491.31(+44.50) ナスダック指数:4090.59(+21.30) シカゴ日経先物:14170円(+40円) 為替(ドル/円):101.56円 (日経平均)騰落レシオ:89.67 (コメント) 16日のNY株式相場は3営業日ぶりに反発。 売りが先行したものの、週末を控えて前日までの大幅下落を受けた買い戻しが優勢となり、終盤にかけて前営業日比プラス圏に浮上しております。 円建てのCME225先物は昨日の大証日中終値と比べて40円高の14170円で帰ってきております。 本日に東京株式市場は小高い展開となりそうです。 堅調に推移した米株市場を受けて朝方は買い先行の動きが想定されます。ただ、為替市場がやや円高基調にあり、株価の上値抑制としての懸念となります。手掛かり材料が乏しく、20~21日に開かれる日銀の金融政策決定会合を前に様子見ムードが強まりそうです。経済指標では8時50分に3月機械受注、13時に4月首都圏新規マンション発売の発表があり、内容によって機械関連や不動産関連の銘柄に動きが出る可能性もあります。 日経平均株価の予想レンジは14100円-14250円。 個別では、(会員の方は)個別のトレードに「今週の注目銘柄」「FIT劇場」「なんかある?」などを参考にいただきたいと思います。 ※ご注意・ご確認※ 当メールは投資に関する情報提供を目的としたものであり、投資に関する判断は自己責任でお願い致します。

カテゴリー: デイリーコメント | コメントをどうぞ

5月16日の東京株式市場デイリーコメント

5月15日の東京株式市場は、米NY株式市場の下落など外部環境の悪化が嫌気され軟調商状となり、日経平均株価は続落しました。 日経平均 14,298.21円(-107.55円) 日経平均先物 14,300円(-110円) TOPIX 1,178.29(-4.86) 東証1部・2部市場 業種別ランキング(東証1部) 1石油・石炭製品(東証1) 2不動産業(東証1) 3パルプ・紙(東証1) 4海運業(東証1) 5鉄鋼(東証1) 6電気・ガス業(東証1) 7水産・農林業(東証1) 8建設業(東証1) 9ゴム製品(東証1) 10機械(東証1) 目立った銘柄では、ローランド(7944)、旭ダイヤモンド工業(6140)、ローランドDG(6789)、TOWA(6315)、アルバック(6728)、平和(6412)、キッツ(6498)、ランド(8918)、コロプラ(3668)、ダイフク(6383)なども買われ目立った上昇となりました。 新興市場 JASDAQ平均は小幅反落しましたが、マザーズ指数は続伸いたしました。 ガンホー(3765)、いちごグループ(2337)、ナカニシ(7716)、フクダ電子(6960)、マイクロニクス(6871)、デジタルガレージ(4819)、ニューフレア(6256)、日本通信(9424)、レーサム(8890)、クルーズ(2138)、サイバー(4751)、ミクシィ(2121)、ペプチドリーム(4587)、CYBERDYNE(7779)などがそろって上昇。 目立った銘柄では、ミクシィ(2121)、シーエスロジネット(2710)、フィックスターズ(3687)、ドリームバイザー・ホールディングス(3772)、ビーマップ(4316)などがストップ高となっております。 まずはNY株式市場から NYダウ:16446.81(-167.16) ナスダック指数:4069.29(-31.34) シカゴ日経先物:14105円(-195円) 為替(ドル/円):101.50円 (日経平均)騰落レシオ:89.46 (コメント) 15日のNY株式市場は大幅続落。 この日発表された4月の鉱工業生産は前月比0.6%減と、3カ月ぶりのマイナス。設備稼働率も低調でした。民間の住宅関連指標も市場予想を下回ったことから、米景気に対する懸念が台頭、史上最高値を更新していたNYダウは一時、216ドル安まで売り込まれております。 円建てのCME225先物は昨日の大証日中終値と比べて195円安の14105円で帰ってきております。 本日に東京株式市場はウリ優勢の展開かと思われます。 東証1部の騰落銘柄数は、値上がり585/値下がり1102と値下がり優勢でした。 主力銘柄では今期も最終赤字見通しのソニーが失望売りで大幅安となったほか、減益見通しや株主還元に対する消極性が指摘された三井住友FGなどが軟調。スマホ向けゲーム「モンスターストライク」の好調継続で今期営業益20.8倍に急拡大するミクシィはストップ高となっており、個別重視の展開となっております。 本日は週末で、また来週は5月20・21日に日銀金融政策決定会合が予定されており、ポジション調整が想定されます。 追加の金融緩和がなされないことも予想され、慎重に見ていきたいと思います。 個別では、(会員の方は)個別のトレードに「今週の注目銘柄」「FIT劇場」「なんかある?」などを参考にいただきたいと思います。 … 続きを読む

カテゴリー: デイリーコメント | コメントをどうぞ